FC2ブログ
ウエディングドレスをレンタルする若い女性が急増中!!!
ウエディングドレスをレンタルする若い女性が急増してます。ウエディングドレスの情報を探している貴女の役に立てばうれしいです☆
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウエディングドレス 手作りリングピロー

結婚に関するものをいろいろ手作りしよう!と決めていましたが、ウエディングドレスを作るのは大変だし、失敗したら大変!ましてや、手作りすることがあまり得意でないうえに、忙しくてあまり時間が取れないので、簡単にできるリングピローをつくることにしました。仕事から帰って、合間、合間に作り始めたのですが、意外と簡単!裁縫が苦手な私でも2日ほどで完成しました。
作るとき参考にしたのは、雑誌の手作りページや、色々なリングピローの写真。作りたいもの決めて、イメージして、それに一番近い作品を本から切り取りファイルして、作り初めました。布を探しにお店に行くと、今流行りなのか色々なキットが売られていて、簡単に作れそうでした。セットになってしまっているので自分で布を選べないという欠点はあるにしても、これは便利ですね。
自分のイメージに近いものがなかなか見つからなかったので布や糸から自分で選ぶことにしました。オーガンジーのリボンや、光沢のある布は華やかで素敵です。そして小さなベアーのマスコットを乗せます。
自分で作った自分のちためのリングピロー。一生の思い出になることでしょう。ブーケや、ヴェールなども自分で作れる人がいるので、器用な人がうらやましいなぁ~。
一生に一度のこと、思い出に残る素敵な結婚式にしたいですね!


スポンサーサイト

ウエディングドレス 手作りがいい!

手作りウエディングドレスって素敵だと思いませんか?
手作りウエディングドレスのためのキットが出ているのを発見しました。まず型を決めるところから始まります。プリンセスライン・ Aライン・マーメイドライン・2Way・3Way・アシンメトリーラインの5パターンから選びます。その次に、色を決めます。オフホワイト、アイボリー、ホワイトにも色々あります。6種類から選べます。これらを選択したうえで、キットを購入します。
ウェディングドレス手作りキットの内容ですが、
・最高級ドレス生地
・糸、ファスナー・ゴムなど必要な各種パーツ・仮縫い生地
・ドレス作製DVD2枚組み、各約2時間、計4時間
・詳しいテキスト
・ドレスにあったワイヤーパニエ(完成品)
・ドレスバッグ(完成品)
全てがパックになってお値段は74800円からになっています。自分で作るウエディングドレスなんて、素敵ですよね。
娘さんにために縫ってあげようと思うお母様、親友にプレゼントしようと縫うあなた。世界にひとつだけのウェディングドレスを作りたいあなた、手作りのドレスで、思い出に残る素敵な結婚式にしたいですね!



ウエディングドレス 式もオーダーで!

ウエディングドレス・マリッジリングなど、オーダーメイドで作る方が多いですが、結婚式自体をオーダーメイドするというやり方も素敵ですね。
ウエディングプロデュースを自分でするなんて、憧れです。
ますは、式のコンセプトを決めてそれに見合う会場も選びます。ペーパーアイテム・衣装・引出物・音楽など、全てに統一感を持ってセレクトすることが大切ですよね。ヘアメイクも、ブーケも全て自分らしく、トータルなプロデュースでかたちにしてゆくことができるのは、オーダーメイドの結婚式ならではです。
一生に一度の二人の門出。何にも妥協しないこだわりがあってもいいですよね。簡素に仕上げるのも、ゴージャスに仕上げるのも自分次第。そこに感謝の気持ちがあれば、必ず素敵なものに仕上がるはずです。
ウエディング関係の会社をネットで検索すると、お手伝いしてくださる良い会社にきっと出会えるはずです。
衣装も、指輪も、オーダーメイドにするなら、式もオーダーメイドにしてはいかがでしょうか!



ウエディングドレス フルオーダーか、セミオーダーか。

ウエディングドレスを着るのって、女の子だったら小さい頃からの夢ですよね!真っ白い、純白のウエディングドレスに、素敵なブーケを持って、隣に立つのはどんな人だろうかと夢見る女性は、ほんと、多いと思います。その純白のウエディングドレス・・・。今、レンタルもいいものが盛んに出回っていますが、やはりオーダーで、という方もまだまだ根強く残っています。世界でたったひとつ、自分だけのもの、自分のためだけに作られたものを着るなんて、すごいセレブな気分になりますよね!ブランドの物、例えば神田うのさんのドレスシェーナ・ドゥーノなんかは、オーダーメードすると結構高いと思います。桂由美さん、アシダジュンさんなかもかなり高価で、よく芸能関係の人の結婚式に着られていたりしますよね。
少しくらい値段がはっても、特別にドレスにはこだわりたいという方にはよろしいかと思いますが。
ウエディングドレスのオーダーメードには生地や、色など全てを自分で決めるフルオーダーと、決まったデザインの中から選んで体型に合わせて作るセミオーダーとパターンがあるようです。
どうせオーダーするなら、フルオーダーにしたいですよね!
お店によっては一年前から予約というところもあるそうですよ。



ウエディングドレス 指輪もオーダーがいい!

ウエディングドレスオーダーメイドはよくある話ですが、なんといっても自分の好みで作れるところがいいですよね。それと同じように指輪もやはりオーダーが良いですよね。
ジュエリーショップなどにいくと既製品の指輪が多く並んでいます。そのどれもが素敵ですが、同じものを持っている人がいる・・・ということもありえるわけで、それはちょっと遠慮したいかも。
デザインから自分で考え、納得のいくまで何度も相談し、サイズも自分にピッタリのサイズを作ってもらう。自分には似合っても配偶者には合わないようなデザインとかもあるし、ありきたりのリングではおもしろくないですしね。どんな素敵な高価なブランドのものでも、自分たちに似合っていなかったり、少しでも妥協するのはやっぱり嫌ですよね。ドレスと違って、一生身につけるものですから・・・
ドレスはレンタルでも、指輪はオーダーメイドで、って思います。
オーダーしてくれるショップは色々あるので、ネットで調べてみるといいかもしれません。ちなみに私のお気に入りはハワイアンジュエリーショップです!2万前後から作れるのでリーズナブルですよね!



ウエディングドレス オーダーメイドのい良さ

ウエディングドレスを選ぶときにまず考えることが、レンタルにしようか、既製品を買おうか、オーダーメイドにしようかということですよね。
レンタルにはレンタルのよさが、既製品には既製品のよさがそれぞれあるかと思います。オーダーメイドのよさって、どんなところにあるのでしょうか?
まず、自分の体系にピッタリ合わせることができることが一番ですよね。
どんなに素敵なドレスでもサイズで妥協してしまうことって多々あると思うのです。少々きつくても、とか、少々ゆとりがあっても・・・という具合に。でもやはり身体にピッタリ合うものに越したことはありません。
そして、打ち合わせの段階から自分の意見を全て取り入れてもらえる、自分だけの世界でたった一つの衣装が出来上がるという満感があるということ。そして、その後、子供服や結婚式のドレスにリフォームできるということもあると思います。
もうひとつは、海外挙式で、披露宴は日本で・・・という場合、レンタル料金が2回分かかるということもありうるわけで、そうなるとオーダーメイドにしても価格は変わらなくなってしまいますよね。
色々考えた結果、オーダーメイドを選ぶ女性がたくさんいるようです。



ウエディングドレス 神田うのデザインのドレスをレンタルしよう!

最近では有名ブランドのウエディングドレスや、デザイナーズのウエディングドレスがレンタルできるのですね!
モデルとしても活躍中のタレント、神田うのさんがプロデュース・デザインを手掛けたウエディングドレスブランド「シェーナドゥーノ」を着たくて調べてみると、扱っているレンタルウエディングドレスブティックが意外とたくさんありました。挙式や披露宴で使用するウェディングドレスはもちろんのこと、お色直し用のカラードレスも豊富に扱っているようなので、ぜひレンタルしたいと思っています。
生地の素材やデザインなど、ファッショナブルで高級感があって、とてもレンタルには見えない存在感があるドレスばかりです。お値段はさすがにこれがレンタル料金?と思うほど高いですが、同じものを買うよりは全然お安い値段で借りることができます。買ったとしても後々着られるものでもないし、保管も大変なので、少々高いお金をだしても、やっぱりシェーナ・ドゥーノののドレスをレンたるしようと決めています。
ネットで全体のデザインを把握して、ショップに行くとあれやこれや悩まなくてすみますよね。本当に良いものは見ているだけで迷いが出てくるものです。あっちこっちと迷わないために、まずはイメージを決めてから実際に見に行こうと思っています。



ウエディングドレス 神田うのブランドその他の選び方

ウエディングドレスの選び方ですが、デザイナーから選ぶ人も多いようですね。一昔前は桂由美さんのウエディングドレスに憧れる女性がとても多かったように記憶しています。女優の藤原紀香さんが結婚式で着たミスアシダのウエデイングドレスも、有名ですね。
最近ではモデルの押切もえさんや、蛯原友里さんのデザイン、神田うのさんのデザインするシェーナ・ドゥーノが人気のようです。
シェーナ。ドゥーノは神田うのさんの高級志向が反映された、高級感漂うハイセンスなデザインが多いようです。
昔、多くの場合、デザイナーズブランドだとレンタルはできませんでしたが、最近では桂由美さんのウエディングドレスなどもレンタルできるようになったようです。
ウエディングドレスに対する価値観も変わってきているのでしょうね。
十二単や和服の結婚式も増えているようで、その時々の芸能人の結婚式に感化される人も多いような気がします。
どちらにしても、予算の範囲内で、自分に似合ったものを選ぶことが大事ですね。













ウエディングドレス 神田うのブランドシェーナ・ドゥーノの魅力

ウエデイングドレスは、種類もたくさんあって選ぶのも大変ですよね!
芸能人がプロデュースするブランドにも注目が集まっています。
その中でも、神田うのさんのデザイン・プロデュースするブランド、シェーナ・ドゥーノのウエディングドレスはとても素敵でした。
神田うのさんのウエデイングドレスは、素材やデザインひとつひとつにこだわりを持って作られているっていう感じがします。
デザインも可愛いもの、シンプルなものはもちろんだけれど、素材などにこだわりのある物、着物の要素も入っている物、ハート柄や、ジッパーモチーフなどの斬新なウエデイングドレスもたsくさんあり、その人の個性に合わせて選べるところがいいですね。
ありきたりなウエディングドレスでは物足りない人や、ドレスで自己主張したい人、高級なものをわかっている人にとっては見逃せないブランドですね!ウエディングドレスはトータルコーディネイトできるし、カラードレスもたくさん、そしてストッキングも素敵なものがたくさんなあるので見ているだけでも楽しくなってきちゃいます。ショップに足を運ぶことがなかなかできない人はネットでも見ることができるので、嬉しいですね!



ウエディングドレス 神田うのブランドのこだわり

神田うのデザインのウエディングドレス、シェーナ・ドゥーノのドレス、
うのさんはパターンを引くだけのデザインではなく、実際にドレスのサンプルに触れ、モデルを前にピンを打ち、リボンの位置や大きさを確認し、ベストなバランスを見つける・・・というこだわりの元で作られているそうです。
普段の生活で自分が見たもの、感じたことや聞いたことなど、色々なことすべてをデザインの基にしてしまうようそうです。普段から一流品を身に付けている神田うのさんだからこそ、本物のよさを良く知っているのでしょうね。本当に良いものは着心地、肌触り、バランス、全てにおいて完璧でなければならないっていうこだわりは大事なことですよね。
ドレスと一緒にコーディネイトする帽子やベルト、アクセサリー類もトータルでデザインするというのだからすごいです。一般人にとってそこまでのこだわりが必要かどうかは別として、こんなこだわりの元で作られたウエディングドレスって、やっぱり着てみたいと思いますよね!
北海道から九州まで、幅広い地域で多くのショップが取り扱っているので、お問い合わせのうえ、ごらんになってみてはいかがでしょうか。



ウエディングドレス 神田うのブランド

セレブブランドとして、ウエディングドレスをはじめ、ストッキング、ジュエリー、サングラスなど多くのファッションアイテムをクリエイトし、成功をおさめてきた神田うの。「シェーナ・ドゥーノ」というウエディングドレスブランドは有名ですよね。
「シェーナ・ドゥーノ」とはイタリア語で、シェーナ=シーン(場面)、ドゥーノ=「うの」「ナンバーワン」「最高のモノ」という意味からとった名前だそうです。
シェーナ・ドゥーノのドレスを着て最高のワンシーンを過ごして欲しいというチーフデザイナー神田うのの願いが込められています。素材やデザイン・カッティングのすべてが高級志向に作られていて、本当にすばらしい作品ばかりですね。
2001年、株式会社クラウディアから「Scena D'uno」(シェーナ・ドゥーノ)を発表し、それ以降、パリ・オートクチュール・コレクションに出展。ブライダルウェディング業界において様々な旋風を巻き起こしてきた彼女は、その後、ニューヨークでのコレクションも発表し、世界中のマスコミやブライダル関係者からおおいに注目される存在にまでなったようです。
彼女の作品を身にまとい、一生に一度の晴れの舞台を演出したい女性は数多いと思います!



ウエディングドレス 格安 海外で!

ウエディングドレス、タキシード、挙式、ヘアメイク、ブーケそしてリムジンでの送迎が付いて格安パッケージになっている海外挙式が話題になっています。海の見える教会・パイプオルガンのある教会・本格的な大聖堂などそれぞれの憧れを叶えてくれるだけでなく、式に必要名アイテムが全て込みになったプランは嬉しいですね。
式は海外で済ませて、その後帰ってきて日本で披露宴を開く・・・なんていうパターンにあわせて、衣装のレンタルを1ヶ月無料で!なんていうシステムもあるんです。
現地でウエディングドレスを調達することもできるし、日本から持っていくこともできるというのは安心ですよね。
海外格安パッケージは南の島が多く、ハワイ、モルディブ、タヒチ、バリ島などが人気のようです。その場合、現地のドレスやタキシードに汚れが会ったり、サイズが合わなかったりということが多々あるようなので、事前に調べてみた方がよさそうです。
憧れの海外で、格安で結婚式をあげることができるなんて、すごく幸せですね!




ウエディングドレス 格安で済ませる工夫

ウエディングドレス格安で手に入れることができたり、式を格安で済ませるにはそれになりの工夫が大事だと思います。
紹介者割引制度を設けているレンタルショップや、県民共済、都民共済のブライダルプラザでは、18900円均一でのレンタルもあります。
衣装ばかりではなく、小物や、アクセサリーも格安でレンタルしてくれるようです。
流通・保管コストを削減して値下げしているお店もあるし、全て自前のデザイン、製作でコストを落としているところもあります。リサイクル中古ウエディングドレスを格安で販売しているところも多いですよね。
中古といっても展示品やドレスショップの在庫処分、レンタルの商品入れ替えで市場に出てくるウエディングドレスなので、品質的には安心ですよね。フォトブライダルや、レストランなどでちょっとしたドレスで済ませる、レストランウエディングなども流行っているようです。式や衣装にお金をかけるのではなくて、その後も新生活や、新婚旅行にお金をかけるという考え方が増えてきて入るのも確かですよね。
昔のように結婚式がひとつの厳粛なセレモニー・・・という考え方が少なくなってきているのかな。結婚式に対する価値観も時代と共に変わるものなんですね。



ウエディングドレス 格安、節約できます。

ウエディングドレス格安で購入する方法は意外とたくさんありますが、
結婚式自体を格安に済ませる方法や、ブライダルエステもあるんですよ!
結婚式を安く済ませる方法といっても、安い場所で、安く済ませるということではなくて、結果的にお得になります、ということですが。
結婚式の支払いをクレジットカードで済ませると、カードによってはすごい割引率になるようです。百万単位の式ならば、数万円単位での割引になるようですし限度額を超えるような場合でも、挙式に関しては枠を広げられる・・・ということもできるようです。中にはハネムーンとセットでクレジットできるカードもあるので、そうなると嬉しいですよね。
挙式に関する写真、ビデオ撮影も節約の精神があれば、いくらでも安く済ませることができます。エステに関しては、ブライダルエステというものが設定されているところも多いですが、そもそもエステ自体、高価なものという感覚。そこで、新聞やチラシ、広告などでしきりに宣伝している「体験エステ」というのがお得!体験エステだけでも、
数多く、ひとつひとつ廻れば、毎日エステが受けられる・・・というわけです。でもこれは、化粧品の勧誘や入会の勧誘をピシッとお断りできるだけの勇気と度胸のある人向きですね(笑)
何事も工夫と努力ですね!




ウエディングドレスの格安商品・・・なぜ?

ウエディングドレス格安で購入する場合、皆さんが思うのは「なぜこんなに安いの?」あまりにも格安だと逆に心配になってしまうことってありますよね。アウトレットセールなどで売られているウエディングドレスなどは、店頭展示品だったり、レンタルものの処分品だたりします。とことん安いものになると、何人もの方が着まわしたものや、傷物、汚れ物も出てきてしまいます。安心して買うことができる物の中に、ウェディングドレスショップのデッドストックの在庫・・・というのがありました。デッドストックを間引く形で処分しているから、新品・中古品・ワンオーナー品の全てがお買い得プライスになるわけですね。中には新品や高品質のものもでてくるわけで、これは見逃せません。
ウエディングドレスネット販売というのもかなり格安になっているようです。店舗を構えないことで、余計なコストがかからないということなんでしょうか。
衣装にどれくらいのお金をかけるのかは、人によって色々な考え方があると思います。少しでも良いものを安く・・・と思う方は調べてみる価値ありですね!



ウエディングドレス 格安で手にいれる方法

結婚式で一番お金のかかるのはやはり衣裳(特にウエディングドレス)ですよね。ただ、女性にとって衣裳は節約したくないポイントかもしれません。しかし、豪華な良いものを格安で手に入れられる方法があるとしたら、レンタルより節約できるかもしれませんよ!私が実際に見たところでは、アウトレットセールが一番安いです!
レンタルでもデザインや生地を選ばなければ、かなり格安でレンタルすることができますが、アウトレットで買うと良いものを格安で買うことができます。後は、ドレスを売っているお店の店頭展示品。車の新古車と同じ感覚ですよね。他人が着まわしたものではなく、試着程度なのでほとんど気にならないはずです。展示品だったということで型が古いということもないようです。
たまたま挙式の時期がセールにあたったらラッキーですが、現実問題としてそう何回もセールが開催されるわけではありません。
色々と調べてみると新婦のウエディングドレスは、購入料金とレンタル料金がほとんど変わりません。(レンタルには付随してついてい来るものがある分、お得な感じがしますが・・・。)良いものを格安で購入できるなら、レンタルに抵抗感がある方にもいいかもしれませんね。
 
 
 

 




ウエディングドレス 豊富な種類のレンタルドレス

ウエディングドレスのレンタルって、種類がたくさんあるんですね。
ブライダル用のウェディングドレスだけでもすごい数だけれど、お色直し用のカラードレス、ホテル披露宴用のゴージャスなタイプのものから、ハウスウェディングやレストランウェディングや二次会用のシンプルなもの、マタニティー用などなど、本当にたくさんあります。
カタログや、ネットの情報も多種多様なので、本当に自分に似あったものを探したいですよね。
ドレスに加えて、新郎新婦のヘアメイク・撮影などをセットにしたフォトプランがあったり、写真だけの結婚式、「フォトブライダル」に対応してくれるところもあって、挙式や披露宴のスタイルにあわせて選べるのが嬉しいですネ。レンタルに付随してくる色々なサービスは見逃せませんネ。
ファーストレンタルシステムといって、誰も着ていない新品のドレスを着ることができる・・・というレンタルもあるそうです。もちろん海外でもOK!ということで人気ですね。
レンタルでもここまでしてくれる・・・という商品がとても多いので、
一見の価値はありますね!



ウエディングドレス レンタルとオーダーどっち?

ウェディングドレスレンタルかオーダーメイドか悩む人も多いですよね。
たった一度しか着ない(普通は・・・)のウェディングドレスですが、
レンタルとオーダーメイドとでは迷うところだと思います。
ドレスにいくらかけるのか・・・というところから始まるとは思いますが、後の保管や処分に困る・・という事実もありますよね。
他の人が着たものを着ることに、少なからず抵抗があるという人も中にはいるだろうし、ジャストサイズがないのではないか。と思う人も多いはず。
そういう点ではやはりオーダーメイドが一番いいのだと思います。
ただ、金額もそうですが、一度しか着ないという点が一番ネックになるところです。一度しかきない、保管場所などど、レンタルの欠点、利点を挙げて、天秤にかけてみて、さぁ道でしょうか。私はレンタル派かなぁ。。。オーダーメイドにしなければならない!というこだわりはないですね。レンタルで楽しみたいと思います。
保管するにも場所を取るだろうし、二度きるものでもないし、保管してるだけで場所もとるだろうし、クリーニングしたままきっと二度とあけることはないだろうしネ。
海外挙式の場合は作ったほうがいいとは思いますが、そうでなければ、
色々なお店を回って色々なドレスを見て、着て、それを楽しみのもイいいかな、と思うんです。実際に着てみるとどんなかたちが似合うのかわかるし、今のレンタルのシステムはサイズ直しなどもしてくれるんですって。こういう悩み、ってそれだけでも十分幸せな悩みですね!




ウエディングドレス レンタルの注意点

ウエディングドレスレンタルするにあたっての注意点をいくつか挙げてみたいと思います。
レンタルできる衣装の種類、色柄も含めて相当の数、存在します。
あれこれと見ているうちにどうしたらよいのか、わからなくなって悩んでしまうことも少なくないでしょう。
まずは予算をしっかりと決めて、その範囲で探し始めることが大事ですね。初めに良いドレスを見てしまうと、目移りがしてしまい、予算をオーバーしてしまうことになりかねません。高いドレスは高いなりに生地もデザインも違って当然ですものね。
悩んでいる内はあまり色々と見てまわらないことです。
レンタルする衣装はまとめて一箇所で借りた方がお得だと思います。
まとめてレンタルすると割引率が高くなるところも多いですし、
新郎新婦のレンタルもセットになるとセット割引というシステムがあるところも目にします。
そして、式場のセットプランに衣装レンタも含まれているプランを利用するとよりお得です。式場以外の場所でのレンタルになりますと、持込
み料金がかかるので要注意です。



ウエディングドレス レンタル料金平均は?

ウエディングドレスレンタル料金って平均するとどれくらいになるのでしょうか。
平均するとウエディングドレスで19万くらい、カラードレスだと5万ほど、というのがおおよその平均だそうです。
その中でも、アクセサリーや小物が別料金の場合があります。レンタルなら基本的に一式セットになってレンタル価格に含まれていることが多いですが、特別なものを借りたり、セット以外の小物をレンタルしたい場合は別途料金がかかるのが普通です。
レンタルドレスを借りる場合でも、ブライダルインナーは自分で用意する必要があります。
ブーケや髪飾りなども別料金になっているようです。
持込保管料:式場提携でレンタルせずに衣装を持ち込む場合は1着あたり1~3万程度の保管料をとられる場合があるので要注意です。
レンタルドレスの試着も、一度でめぐり合いその場で決められれば良いですが、カタログにはあってもその場にはないということも多いので、あらかじめカタログ等で選んでおいて、予約を入れることも大事ですね!



ウエディングドレス レンタル

ウエディングドレスレンタルする若い女性が急増してます。
ウエディングドレスを購入すると数十万から数百万、そしてそれにつけるアクセサリーだけでもかなりのお値段になりますよね。
形式にとらわれず、式よりもハネムーンにお金をかけたり独自の楽しみ方をするのもス的ですよね。
ドレスは海外のデザイナーによるものや、ブランド物もあり、サイズも豊富で100点以上のドレスの中から選べるお店もあり、ドレスに合わせた小物、アクセサリーなども無料で貸し出してくれます。
ヘアメイクやコーディネイトもプロの方がアドバイス。一流ホテルや式場にも劣らないサービスが嬉しい限りです。
レンタルの会社、お店は数多くあり、カタログもそろっているので、時間をかけてじっくり探すと必ず自分に合った素敵なドレスを見つけることができるはずです。
なかなか決めることができないときなどは、取り置きのシステムがあることもあるので、ぜひ利用したいですね。
素敵なドレスに出会えると良いですね!





最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。